2021

濃厚なオペラレッド

2021|アクリル絵具、キャンバス|162.0 × 130.3cm


うぬぼれ

2021|アクリル絵具、キャンバス|130.0 × 190.0cm


ピンクと水色と金のうねうねⅡ

2021|アクリル絵具、キャンバス|130.0 × 190.0cm


トミザワカスミ 個展 濃厚なオペラレッド

心地良いと息苦しいが背中合わせ。


満たされる。じんわりする。

ぞわぞわとぷくぷくと。


よくわからないものへの終わりの見えないむなさわぎ。

うねりとからまりがだんだん小さくなってはじけとび、

包み、包まれ、覆い、覆われ、終わりをさがして広がり増殖する。



2020年から2021年の絵画作品を展示しました。

コロナ禍で終わりのない不安。

日常で見つけた。スーパーで買ったピンク色の豚ひき肉、うねうねときもちわるいものを描いた1枚のドローイングからはじまったシリーズです。

枚数を重ねるごとに、それはひき肉からかけ離れ、だんだんと筆のおもうままに重なる色とカタチに変化する。




発熱するピンク

2021|アクリル絵具、キャンバス|155.0 × 155.0cm


トミザワカスミ 個展 発熱するピンク

“炎”

2019年、夏。夏は暑い。あたりまえに暑くて、苦しくて、まとわりつく空気と湿気と流れる汗。子供の頃に感じていた暑さよりも、年々気温が上昇し、暑いから熱いを描きたくなった。

暑い日に炎のゆらゆら、めらめらに目がくらみ、オレンジ、レッド、イエロー、ピンク、混ざりうごめくターコイズブルー。


“うねうね”

2020年、春。あたりまえの日常に大きな変化が訪れ、自粛、休み、遮断、一人ぼっち。取り残されたような気持ちと、よくわからないものへの恐怖。

でもスーパーで買ったひき肉はうねうねと、きもちわるくて。うねりからまり合ったひき肉を眺めて、重なる色と現れたかたち。

いつの日か描き途中で投げ出していた絵に、うねうねと絵具を重ねたら、描いているけれども消していて、消しているけれども描いていた。

足して引いて、引いて足して、形が見えてそして隠れて。そんなふうにできた絵。



2019年から2021年の“炎”のシリーズと“うねうね”のシリーズを中心に絵画作品を展示しました。